スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - |
    Entry: main  << >>
    自分で勉強できない子供の成績アップ学習法
    0

       

      自分で勉強ができない子供は

      色んなことが原因で勉強ができない可能性があります。

       

       

      あなたのお子様が勉強を自分でしないなら

      以下のことが当てはまっていないかを考えてみましょう。

       

      ・学校の授業内容が理解できていない

      ・そもそも、勉強のやり方を知らない

      ・自宅での勉強方法を知ろうとしない

      ・勉強は辛いのでやりたくないと思っている

      ・優先順位を間違えている

      ・強制を嫌がっている

      ・勉強をすることに疑問を抱いている

      ・今を楽しければよいと考えている

      ・拘束されるのが嫌だと思っている

      ・勉強に興味がない

       

      以上のどれかに当てはまる場合は

      それぞれの、対処法が必要となります。

       

       

       

      ●学校の授業内容が理解できていない

       

       

      これは、学校の担任の先生に相談をすれば 解決する可能性もあります。

       

       

      しかし、それがむつかしい場合は

      学校の授業についていくのではなく

      過去に勉強をしたことを復習することが先決でしょう。

       

       

       

       

       

      なぜなら、現在の授業についていけていないのは

      どこかで、つまずいているからだと考えられるからです。

       

       

      さらに、説明されている内容が理解できない子供もいるので

      この理解できないという段階を細分化する必要もあります。

       

       

       

       

       

      まず、「文字情報」の理解が弱いのか それとも

      言語情報」の理解に弱いのかや

      その両方が弱いのか大別していき考えます。

       

       

      ■文字情報の理解が弱い場合

       

       

       

      実は、書いている文章の意味を理解できない子供がいます。

       

       

      たいていは、幼稚園から

      小学校低学年あたりで その傾向が出てくるようです。

       

       

       

       

      このような生徒というのは 文字を理解するのは

      苦手小学校低学年でも 文節を区切れない子供もいたりします。

       

       

       

      たとえば

       

       

       

      かれはとてもかなしくおもってむらにかえりました

      という文章を本当に書いてしまうのです。

       

       

       

       

       

      僕の、小学校低学年のに書いた日記を読むと

      文節は全く区切っていません。 「

       

       

      なので「どこで息を吸うんだ」と

      先生にツッコミされるくらいでした。

       

       

       

       

       

      この場合に有効な学習方法としては 「音読」と「質問」です。

       

       

      小学校低学年くらいから、このような傾向が出ているなら

      母親が子供と一緒に国語の教科書や

      絵本を読んであげると良いかもしれません。

       

       

       

       

      ただ、こうした子供の対処法は

      褒めて伸ばす」事に意識して 学習の楽しさを

      覚えさせることが最善だといえます。

       

       

       

      ■言語情報が弱い子供の場合の学習法

       

       

      言語情報が理解できないからと言って 悲観することはありません。

       

       

      なぜなら、言語情報が理解できない大人は たくさんいますし

      人の言うことを理解しない人は 吐いて捨てるくらいいるからです。

       

       

       

       

      しかも、言語情報が理解できない子供は

      想像力がとても乏しい場合が多いです。

       

       

      つまり、イメージして言語情報を理解することができないのです。

       

       

       

      たとえば

       

       

      りんご一つ300円を3個、1個100円のみかんを11こ買いました、合計いくらでしょう?

       

       

       

      このような事を小学校1年生に問いかけても

      言語情報が理解できない子供は発せられていること自体 理解できず

      わかっていない場合が多いです。

       

       

      そういった子供は3歳から5歳にかけて

      「どもり」があったり自分が言いたいことを

      うまく伝えられないケースが多いようです。

       

       

       

       

       

      また、母親の言うことを全然聞いているそぶりがないことも多いようです。

       

       

       

       

      しかし、こうした子供の場合は

      言葉を脳に伝達するスピードが遅いだけです。

       

       

      なので、こうした子供の親が行う対処は

      子供を焦らせずにしっかりと言いたいことを

      聞いてあげるということです。

       

       

       

       

      さらに、想像力を引き上げるために

      「今日は何をしたの?」とか「どうしてそう思ったの?」など

      考えさせるように質問をしてあげるのも良いでしょう。

       

       

      また、母親が口うるさく子供の話を全く聞かず

      会話を遮る家庭ほど子供の意思表示が弱い傾向があります。

       

       

       

       

      ただ、母親自身はその気が全くない場合が多く

      気が付いていないことも多いようですが・・・

       

       

      女性は会話における頭の回転が

      とても速く会話のテンポがとても速いし

      いろんな話題で盛り上がることが多いのが特徴だと感じます。

       

       

       

       

       

      ですが、子供の脳というのは それほど早く成長をしません。

       

       

       

      なので、最後までちゃんと聞いてあげて

      質問をしてあげるというのが重要だといえます。

       

       

      ●人は覚えたことでも1週間は記憶に残っていない

       

       

      実は、人間というのは 覚えたことを

      1週間も記憶に残っていないのです。

       

       

      たしかに、仕事などはしっかりと覚えています。

       

       

       

       

      なぜなら、覚えたことを すぐに

      実践し行動に移しているからです。

       

       

       

       

       

      なので、記憶に定着し続け たくさんの作業を

      1年以上も覚えていられるのです。

       

       

      しかし、勉強となると毎日同じことをしているわけではないですよね。

       

       

       

       

      理由は、同じ教科でも内容が異なりますし

      違うステップに移ることもあります。

       

       

      なので、1週間も覚えていられる子供は

      かなり少なくなっていくわけですね。

       

       

       

       

      ただ、子供によっては一度覚えたら

      1週間たっても 覚えていられる場合もあります。

       

       

      しかし、なかには一度覚えたことでも

      2日目で半分忘れている子供もいたりするわけです。

       

       

       

       

       

      なので、こうした場合は復習を忘れないということが大切です。

       

       

       

      学校で覚えたことを家に帰り すぐに

      復習をして記憶に定着するわけです。

       

       

       

      小学生のころは授業で復習をするので

      テストでも良い点数が取れやすいですね。

       

       

      ただ、人に教えるのが下手クソな

      三流以下の教師に 授業をしてもらったりすると

      小学生でも最悪な結果になりますけどね。

       

       

       

       

      まあ、教師も万能ではないので なかには

      人にものを教えるのが苦手な教師もいるんですよ。

       

       

      小学生のころに、あなた自身が

      小学生の内容に沿って 問題を作成して

      子供にやらせてみましょう。

       

       

       

       

      ただ、こういうテストは「いじわる」をしないで

      普通に問題を作成することが大切です。

       

       

      なぜなら、こういうテストの目的は

      学校の授業内容を忘れているかどうかを

      確認するためのものだからです。

       

       

       

       

      こうした問題を作成して、子供にやらせて

      「あれ、これはなんだっけ?」というのが多ければ

      中学生に入る前に学習方法を計画したほうが良いでしょう。

       

       

      こうした子供の学習計画は「復習」がメインとなります。

       

       

       

       

       

      中学生に入り勉強が遅れないように

      学習計画を、親であるあなたが考えてあげるのも良いですね。

       

       

       

       

      ●結論

       

       

      勉強ができないようになるか出来るようになるかは

      親が子供に接する方法や教育スタイルで大きく変化します。

       

       

      ただ、これだけは言えるのは 親が頭がいいから

      子供も頭が良いというのは違います。

       

       

       

       

      ただ、ゲームなどのRPG風に説明すれば

      基本スペックが他よりも高いだけです。

       

       

      基本的には、本人のやる気次第ですし

      親が子供に接するやり方によっては

      才能を踏みつぶす結果になるでしょう。

       

       

       

       

       

      ですが、親が一般的な能力しかないのに

      子供は立派な学者になったり医者になったりすることもあります。

       

       

      なので、親の能力よりも子供の能力を

      親としていかに伸ばしてあげられるかによるのだと感じます。

       

       

       

       

       

      だからこそ、小学生のころから正しい学習方法を

      覚えることが良いのだと感じます。

       

       

      つまり、学校の授業に遅れないためには

      小学生のころに どれだけ子供のことを理解し子

      供に合った 学習方法を見つけてあげられるかだといえるでしょう。

       

       

       

       

       

      ただ、子供は勉強をすることが大切だといっても

      気分転換は必要ですし家族とのコミュニケーションも

      子供の成長過程には大切なものだと感じています。

       

       

      なので、子供の集中力を上げるためにも

      家族みんなで話をしながらできるカードゲームや

      ボードゲームなどをして一緒に遊んであげるのも良いですね。

       

       

       

      僕自身が思うのは、勉強も大切ですが

      人に触れあうことの大切さも勉強以上に大切だと思っています。

       

       

       

       

       

      | dioaf27 | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 16:33 | - | - |
        Comment








        Trackback