スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - |
    Entry: main  << >>
    社会に出ても役立つ勉強をする本当の意味とは?
    0

       

       

       

      中学生になるといろんな知識が増えていきますが

      人によっては小学生のころから勉強をする意味を考えるようになります。

       

       

       

       

      たとえば

       

       

       

       

      「普通の高校に行くのに一生懸命勉強をする意味があるのか?」

       

      「社会に出ても役に立ちそうにない勉強なんて意味あるの?」

       

       

       

       

       

      などなど、このような疑問は 少なからず抱いたことがあるでしょう。

       

       

      コレの回答は一般的な親の場合は

       

       

       

      「今から勉強をすれば必ず役に立つ」

       

      「受験をしてそれなりの学校に行けば就職の選択肢が増える」

       

      「こんな勉強は今しかできないからしっかりとしたほうが良い」

       

       

       

      たしかに、このような返答は最もらしいですし

      正論だともいえるでしょう。

       

       

       

      しかし、どれも「将来に向けてやったほうが良い」という

      漠然とした回答でしかありません。

       

       

       

      こういう返答では、子供も「??」となり

      実感がわかないケースも多いのではないでしょうか。

       

       

       

      勉強は夢をつかむためのステップだ?!

       

       

      世間では、今やっていることと 将来をつなげるために

      「夢は大切だ」と 夢を持たせるように人に言い聞かせるようにします。

       

       

      だけど、夢なんてものは一部の人間のみあるもので

      多くの人は夢に向かって勉強をしているとは言いにくいんです。

       

       

       

       

      なので、「何のために勉強をするの?」という質問は

      人によっては異なるので返答がむつかしいといえます。

       

       

      ただ、将来が決まっている子供の場合は

      将来のための勉強だと具体的に説明できるかもしれません。

       

       

      あなたのお子様に「どうして勉強をする必要があるの?」と

      質問されたならこちらのサイトで対応方法が記されれていました。

       

       

       

       

      たとえば

       

       

       

      野球選手になるということが夢なら

      とくに勉強よりも運動をするべきだといえます。

       

       

       

      しかも

       

       

      運動だけではなく体に関する勉強も

      少しはしたほうが良いかもしれません。

       

       

       

      しかし

       

       

       

      こうした「勉強をする意味」に 疑問を感じる子供を

      良い評価を下さない人も多いでしょう。

       

       

       

      ですが

       

       

      こうした「勉強をする意味」に

      疑問を感じることは非常に大切なのです。

       

       

       

       

      勉強をしている意味を掘り下げて考えるとこうなる

       

       

       

      勉強をしている意味を深く考えると

      社会に出ても役に立っている場合が多いと感じます。

       

       

      ただ、その疑問を解決できなかった子供は

      大人になってもその疑問を解決できないままになります。

       

       

       

      では、いったい勉強とは何のためにしているのでしょう?

       

       

       

      目の前の目的だけを言えば 中学生の場合は

      希望する高校に入学するためでしょう。

       

       

       

      そのために頑張っている中学生は非常に多いです。

       

       

       

      でも、表面的な勉強をしている中学生に

      「希望する高校に合格した後はなにをする?」と聞くと

      「次の希望する大学に合格するため」と答えるかもしれません。

       

       

       

      そうなると、希望する会社に入社するために 勉強をするということになるのでしょう。

       

       

      でも、希望する高校に合格しなければ

      勉強をする意味なんてなくなると

      少しでも考えたなら それは大きな間違いでしょう。

       

       

       

      なぜなら

       

       

      今している勉強というのは 入試のためだけではないからです。

       

       

      え?それ以外に勉強の意味があるんですか?

       

       

       

      そのように思った人に対し 僕は

      もちろん、たくさんありますよ」とこう言うでしょう。

       

       

       

      今の勉強が社会でも役に立つ大きな理由

       

       

       

      今現在の学校の勉強が社会に出ても

      かなり役に立つことは間違いないでしょう。

       

       

       

      たとえば

       

       

       

      理科の実験などは仮説を考え

      本当にそうなのかを実験してみるという順序になります。 つ

       

       

       

      まり、社会に出て応用としてやる場合は

      初めての仕事ができるかどうかを仮説を立て考えます。

       

       

      そして、実験的にやってみるという応用が可能です。

       

       

       

      さらに

       

       

      起業した場合でも市場をリサーチし

      どんな商品が売れやすいのかを検証し

      どんな人に売れやすいのかを仮説を立てます。

       

       

       

      そして

       

       

      実験的に販売して 色々とアンケートを取り改善をしていく。

       

       

       

      これは大雑把にした例ですが 細かく解説すればキリがありません。

       

       

       

       

       

      しかし、こう考えれば、学校の勉強というのは

      応用が利きますし社会に出ても役に立っているといえます。

       

       

       

      ただ、理科は単なる暗記だと思って 勉強をしていると

      確かに役に立たない教科になりますよね。

       

       

      これは、社会科や英語などでも同じことが言えます。

       

       

       

       

       

      また、勉強というのは学校の授業だけに限らず

      あなた自身の成長を促すためにすることでもあります。

       

       

       

      なので

       

       

       

      人と比較をするよりも 1か月前の自分自身と比較して

      どう変化したのかを比べるのが一番です。

       

       

       

      理由は、人と比較をしても学力の違いや

      生活環境の違いがあるからです。

       

       

      なので

       

       

       

      人と比較をするのは無駄だといえるのです。

       

       

       

      さらに、勉強というのは忍耐力を鍛えるという意味でも

      社会的に役立っていると考えられます。

       

       

       

      なぜなら

       

       

      諦めるという癖がつくと人間は

      なかなか成長していかず現状維持をしようとするからです。

       

       

       

      現状維持は退化していくだけなので 常に

      人間として成長をしていく努力をした人が

      自分のやりたいことができるようになるんだと感じます。

       

       

       

      ただ、趣味や部活動などでトップになれないのに

      どうしてやるのかといえば 「楽しいから」

      「やっていて意味があるから」など理由は様々でしょう。

       

       

       

      勉強も同じで意味があります。

       

       

       

      でも、意味がないようなやり方をしていたり

      意味を認識できるチャンスがなかったりすると

      どうしても、強制を感じたり義務的に感じたりするものです。

       

       

      なので

       

       

      「なぜ勉強をする必要があるのか?」と

      悲観的に思ってしまうのかもしれません。

       

       

       

       

       

      あなたのお子様が「どうして勉強をしなくてはいけないの?」と

      このように質問をされたら、その時はその疑問に答えるチャンス到来です。

       

       

      これまで開設した視点から ぜひ

      あなたのお子様に話されてみてはいかがでしょう。

       

       

       

       

      | dioaf27 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 12:36 | - | - |
        Comment








        Trackback