Page: 1/1   
自分で勉強できない子供の成績アップ学習法
0

     

    自分で勉強ができない子供は

    色んなことが原因で勉強ができない可能性があります。

     

     

    あなたのお子様が勉強を自分でしないなら

    以下のことが当てはまっていないかを考えてみましょう。

     

    ・学校の授業内容が理解できていない

    ・そもそも、勉強のやり方を知らない

    ・自宅での勉強方法を知ろうとしない

    ・勉強は辛いのでやりたくないと思っている

    ・優先順位を間違えている

    ・強制を嫌がっている

    ・勉強をすることに疑問を抱いている

    ・今を楽しければよいと考えている

    ・拘束されるのが嫌だと思っている

    ・勉強に興味がない

     

    以上のどれかに当てはまる場合は

    それぞれの、対処法が必要となります。

     

     

     

    ●学校の授業内容が理解できていない

     

     

    これは、学校の担任の先生に相談をすれば 解決する可能性もあります。

     

     

    しかし、それがむつかしい場合は

    学校の授業についていくのではなく

    過去に勉強をしたことを復習することが先決でしょう。

     

     

     

     

     

    なぜなら、現在の授業についていけていないのは

    どこかで、つまずいているからだと考えられるからです。

     

     

    さらに、説明されている内容が理解できない子供もいるので

    この理解できないという段階を細分化する必要もあります。

     

     

     

     

     

    まず、「文字情報」の理解が弱いのか それとも

    言語情報」の理解に弱いのかや

    その両方が弱いのか大別していき考えます。

     

     

    ■文字情報の理解が弱い場合

     

     

     

    実は、書いている文章の意味を理解できない子供がいます。

     

     

    たいていは、幼稚園から

    小学校低学年あたりで その傾向が出てくるようです。

     

     

     

     

    このような生徒というのは 文字を理解するのは

    苦手小学校低学年でも 文節を区切れない子供もいたりします。

     

     

     

    たとえば

     

     

     

    かれはとてもかなしくおもってむらにかえりました

    という文章を本当に書いてしまうのです。

     

     

     

     

     

    僕の、小学校低学年のに書いた日記を読むと

    文節は全く区切っていません。 「

     

     

    なので「どこで息を吸うんだ」と

    先生にツッコミされるくらいでした。

     

     

     

     

     

    この場合に有効な学習方法としては 「音読」と「質問」です。

     

     

    小学校低学年くらいから、このような傾向が出ているなら

    母親が子供と一緒に国語の教科書や

    絵本を読んであげると良いかもしれません。

     

     

     

     

    ただ、こうした子供の対処法は

    褒めて伸ばす」事に意識して 学習の楽しさを

    覚えさせることが最善だといえます。

     

     

     

    ■言語情報が弱い子供の場合の学習法

     

     

    言語情報が理解できないからと言って 悲観することはありません。

     

     

    なぜなら、言語情報が理解できない大人は たくさんいますし

    人の言うことを理解しない人は 吐いて捨てるくらいいるからです。

     

     

     

     

    しかも、言語情報が理解できない子供は

    想像力がとても乏しい場合が多いです。

     

     

    つまり、イメージして言語情報を理解することができないのです。

     

     

     

    たとえば

     

     

    りんご一つ300円を3個、1個100円のみかんを11こ買いました、合計いくらでしょう?

     

     

     

    このような事を小学校1年生に問いかけても

    言語情報が理解できない子供は発せられていること自体 理解できず

    わかっていない場合が多いです。

     

     

    そういった子供は3歳から5歳にかけて

    「どもり」があったり自分が言いたいことを

    うまく伝えられないケースが多いようです。

     

     

     

     

     

    また、母親の言うことを全然聞いているそぶりがないことも多いようです。

     

     

     

     

    しかし、こうした子供の場合は

    言葉を脳に伝達するスピードが遅いだけです。

     

     

    なので、こうした子供の親が行う対処は

    子供を焦らせずにしっかりと言いたいことを

    聞いてあげるということです。

     

     

     

     

    さらに、想像力を引き上げるために

    「今日は何をしたの?」とか「どうしてそう思ったの?」など

    考えさせるように質問をしてあげるのも良いでしょう。

     

     

    また、母親が口うるさく子供の話を全く聞かず

    会話を遮る家庭ほど子供の意思表示が弱い傾向があります。

     

     

     

     

    ただ、母親自身はその気が全くない場合が多く

    気が付いていないことも多いようですが・・・

     

     

    女性は会話における頭の回転が

    とても速く会話のテンポがとても速いし

    いろんな話題で盛り上がることが多いのが特徴だと感じます。

     

     

     

     

     

    ですが、子供の脳というのは それほど早く成長をしません。

     

     

     

    なので、最後までちゃんと聞いてあげて

    質問をしてあげるというのが重要だといえます。

     

     

    ●人は覚えたことでも1週間は記憶に残っていない

     

     

    実は、人間というのは 覚えたことを

    1週間も記憶に残っていないのです。

     

     

    たしかに、仕事などはしっかりと覚えています。

     

     

     

     

    なぜなら、覚えたことを すぐに

    実践し行動に移しているからです。

     

     

     

     

     

    なので、記憶に定着し続け たくさんの作業を

    1年以上も覚えていられるのです。

     

     

    しかし、勉強となると毎日同じことをしているわけではないですよね。

     

     

     

     

    理由は、同じ教科でも内容が異なりますし

    違うステップに移ることもあります。

     

     

    なので、1週間も覚えていられる子供は

    かなり少なくなっていくわけですね。

     

     

     

     

    ただ、子供によっては一度覚えたら

    1週間たっても 覚えていられる場合もあります。

     

     

    しかし、なかには一度覚えたことでも

    2日目で半分忘れている子供もいたりするわけです。

     

     

     

     

     

    なので、こうした場合は復習を忘れないということが大切です。

     

     

     

    学校で覚えたことを家に帰り すぐに

    復習をして記憶に定着するわけです。

     

     

     

    小学生のころは授業で復習をするので

    テストでも良い点数が取れやすいですね。

     

     

    ただ、人に教えるのが下手クソな

    三流以下の教師に 授業をしてもらったりすると

    小学生でも最悪な結果になりますけどね。

     

     

     

     

    まあ、教師も万能ではないので なかには

    人にものを教えるのが苦手な教師もいるんですよ。

     

     

    小学生のころに、あなた自身が

    小学生の内容に沿って 問題を作成して

    子供にやらせてみましょう。

     

     

     

     

    ただ、こういうテストは「いじわる」をしないで

    普通に問題を作成することが大切です。

     

     

    なぜなら、こういうテストの目的は

    学校の授業内容を忘れているかどうかを

    確認するためのものだからです。

     

     

     

     

    こうした問題を作成して、子供にやらせて

    「あれ、これはなんだっけ?」というのが多ければ

    中学生に入る前に学習方法を計画したほうが良いでしょう。

     

     

    こうした子供の学習計画は「復習」がメインとなります。

     

     

     

     

     

    中学生に入り勉強が遅れないように

    学習計画を、親であるあなたが考えてあげるのも良いですね。

     

     

     

     

    ●結論

     

     

    勉強ができないようになるか出来るようになるかは

    親が子供に接する方法や教育スタイルで大きく変化します。

     

     

    ただ、これだけは言えるのは 親が頭がいいから

    子供も頭が良いというのは違います。

     

     

     

     

    ただ、ゲームなどのRPG風に説明すれば

    基本スペックが他よりも高いだけです。

     

     

    基本的には、本人のやる気次第ですし

    親が子供に接するやり方によっては

    才能を踏みつぶす結果になるでしょう。

     

     

     

     

     

    ですが、親が一般的な能力しかないのに

    子供は立派な学者になったり医者になったりすることもあります。

     

     

    なので、親の能力よりも子供の能力を

    親としていかに伸ばしてあげられるかによるのだと感じます。

     

     

     

     

     

    だからこそ、小学生のころから正しい学習方法を

    覚えることが良いのだと感じます。

     

     

    つまり、学校の授業に遅れないためには

    小学生のころに どれだけ子供のことを理解し子

    供に合った 学習方法を見つけてあげられるかだといえるでしょう。

     

     

     

     

     

    ただ、子供は勉強をすることが大切だといっても

    気分転換は必要ですし家族とのコミュニケーションも

    子供の成長過程には大切なものだと感じています。

     

     

    なので、子供の集中力を上げるためにも

    家族みんなで話をしながらできるカードゲームや

    ボードゲームなどをして一緒に遊んであげるのも良いですね。

     

     

     

    僕自身が思うのは、勉強も大切ですが

    人に触れあうことの大切さも勉強以上に大切だと思っています。

     

     

     

     

     

    | dioaf27 | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
    自己流で学校の勉強をしてもあまり変化がない理由
    0

      実は、自己流で勉強を一生懸命しても

      成績は上がりにくいといえます。

       

       

      「毎日6時間勉強をしているのに成績が上がらない」

       

       

      そんな悩みを持っていたなら

      間違いなく自己流で勉強をしているという証拠です。

       

       

       

       

      たとえば、誰にも勉強方法を教わらずに

      自己流で勉強をしても成績は 驚くほど上がっていかないんです。

       

       

       

      あなた自身が今現在の学力で

      テストの点数が10点あがってもそれは意味がありません。

       

       

      なぜなら、10点上がっても学年の順位や偏差値は 変わっていないからです。

       

       

       

       

       

      なので、勢いよく点数を上げていかない限りは

      成績が上がったことにはならないということになります。

       

       

      ですが、成績を本気で上げたいというなら

      効率の良い勉強のやり方を知るのが一番手っ取り早いです。

       

       

       

       

      まずは、成績アップがとても簡単にできる 魔法の方法を教えましょう。

       

      それは、「暗記教科を重点的にする」ということです。

       

       

       

      たとえば、「社会」や「英語」などは

      ほとんど暗記をすれば、それだけでよい点数が取れます。

       

       

       

      「社会や英語なんて意味がない」なんて思う人はいないと思います。

       

       

       

       

      なので、単純に成績を上げたいというなら

      こだわりを捨てて「暗記教科」を重点的にするべきですね。

       

       

      ですが、一番最初は「社会」から始めるのがベスト!

       

       

      なぜなら、英文法などは

      多くの分野が 互いに連鎖しているからです。

       

       

       

       

       

      たとえば、絵イボは過去形を理解しないと

      以降の過去分詞を理解することができません。

       

       

      だからこそ、最初は社会から始めるのが良いということになります。

       

       

       

       

      しかも、英語というのは復習に

      とても時間がかかるのでおススメはできません。

       

       

       

       

       

       

      なので、全体的に成績が悪いという場合は

      何を差し置いてでも「社会」から始めるべきなんです。

       

       

      学校の成績を最速で上げる場合は 「暗記の分野」を

      まずはやっていくことが 最も効率が良い方法ということですね。

       

       

       

       

      ●1点集中が成績アップの近道になる理由

       

       

      どんなに成績が悪い中学生でも 頭が悪いわけではないんです。

       

       

       

      だれでも、中学生の間は1点集中して

      暗記教科を勉強していけば 必ず、成績は上がっていくことでしょう。

       

       

      ですが、これは暗記教科だけに限らず 他の教科でも

      1点集中をすれば良い成績になるかもしれませんね。

       

       

       

       

      たとえば、縄文時代の知識はゼロでも

      弥生時代の知識は満点だというのと同じです。

       

       

      こういう暗記だけに頼る教科の場合は

      1か月間集中して勉強をすることこそ 最短で

      成績アップする効率の良い勉強法となります。

       

       

       

       

      さらに、一つの分野だけでも

      周囲に差をつけることが可能になるわけです。

       

       

      暗記科目で良い点数が取れるようになれば

      子供もきっと自信をつけるはずです。

       

       

       

      この勢いの波に乗り全体的な学力の底上げも してくようにしましょう。  

       

       

       

       

       

      | dioaf27 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
      社会に出ても役立つ勉強をする本当の意味とは?
      0

         

         

         

        中学生になるといろんな知識が増えていきますが

        人によっては小学生のころから勉強をする意味を考えるようになります。

         

         

         

         

        たとえば

         

         

         

         

        「普通の高校に行くのに一生懸命勉強をする意味があるのか?」

         

        「社会に出ても役に立ちそうにない勉強なんて意味あるの?」

         

         

         

         

         

        などなど、このような疑問は 少なからず抱いたことがあるでしょう。

         

         

        コレの回答は一般的な親の場合は

         

         

         

        「今から勉強をすれば必ず役に立つ」

         

        「受験をしてそれなりの学校に行けば就職の選択肢が増える」

         

        「こんな勉強は今しかできないからしっかりとしたほうが良い」

         

         

         

        たしかに、このような返答は最もらしいですし

        正論だともいえるでしょう。

         

         

         

        しかし、どれも「将来に向けてやったほうが良い」という

        漠然とした回答でしかありません。

         

         

         

        こういう返答では、子供も「??」となり

        実感がわかないケースも多いのではないでしょうか。

         

         

         

        勉強は夢をつかむためのステップだ?!

         

         

        世間では、今やっていることと 将来をつなげるために

        「夢は大切だ」と 夢を持たせるように人に言い聞かせるようにします。

         

         

        だけど、夢なんてものは一部の人間のみあるもので

        多くの人は夢に向かって勉強をしているとは言いにくいんです。

         

         

         

         

        なので、「何のために勉強をするの?」という質問は

        人によっては異なるので返答がむつかしいといえます。

         

         

        ただ、将来が決まっている子供の場合は

        将来のための勉強だと具体的に説明できるかもしれません。

         

         

        あなたのお子様に「どうして勉強をする必要があるの?」と

        質問されたならこちらのサイトで対応方法が記されれていました。

         

         

         

         

        たとえば

         

         

         

        野球選手になるということが夢なら

        とくに勉強よりも運動をするべきだといえます。

         

         

         

        しかも

         

         

        運動だけではなく体に関する勉強も

        少しはしたほうが良いかもしれません。

         

         

         

        しかし

         

         

         

        こうした「勉強をする意味」に 疑問を感じる子供を

        良い評価を下さない人も多いでしょう。

         

         

         

        ですが

         

         

        こうした「勉強をする意味」に

        疑問を感じることは非常に大切なのです。

         

         

         

         

        勉強をしている意味を掘り下げて考えるとこうなる

         

         

         

        勉強をしている意味を深く考えると

        社会に出ても役に立っている場合が多いと感じます。

         

         

        ただ、その疑問を解決できなかった子供は

        大人になってもその疑問を解決できないままになります。

         

         

         

        では、いったい勉強とは何のためにしているのでしょう?

         

         

         

        目の前の目的だけを言えば 中学生の場合は

        希望する高校に入学するためでしょう。

         

         

         

        そのために頑張っている中学生は非常に多いです。

         

         

         

        でも、表面的な勉強をしている中学生に

        「希望する高校に合格した後はなにをする?」と聞くと

        「次の希望する大学に合格するため」と答えるかもしれません。

         

         

         

        そうなると、希望する会社に入社するために 勉強をするということになるのでしょう。

         

         

        でも、希望する高校に合格しなければ

        勉強をする意味なんてなくなると

        少しでも考えたなら それは大きな間違いでしょう。

         

         

         

        なぜなら

         

         

        今している勉強というのは 入試のためだけではないからです。

         

         

        え?それ以外に勉強の意味があるんですか?

         

         

         

        そのように思った人に対し 僕は

        もちろん、たくさんありますよ」とこう言うでしょう。

         

         

         

        今の勉強が社会でも役に立つ大きな理由

         

         

         

        今現在の学校の勉強が社会に出ても

        かなり役に立つことは間違いないでしょう。

         

         

         

        たとえば

         

         

         

        理科の実験などは仮説を考え

        本当にそうなのかを実験してみるという順序になります。 つ

         

         

         

        まり、社会に出て応用としてやる場合は

        初めての仕事ができるかどうかを仮説を立て考えます。

         

         

        そして、実験的にやってみるという応用が可能です。

         

         

         

        さらに

         

         

        起業した場合でも市場をリサーチし

        どんな商品が売れやすいのかを検証し

        どんな人に売れやすいのかを仮説を立てます。

         

         

         

        そして

         

         

        実験的に販売して 色々とアンケートを取り改善をしていく。

         

         

         

        これは大雑把にした例ですが 細かく解説すればキリがありません。

         

         

         

         

         

        しかし、こう考えれば、学校の勉強というのは

        応用が利きますし社会に出ても役に立っているといえます。

         

         

         

        ただ、理科は単なる暗記だと思って 勉強をしていると

        確かに役に立たない教科になりますよね。

         

         

        これは、社会科や英語などでも同じことが言えます。

         

         

         

         

         

        また、勉強というのは学校の授業だけに限らず

        あなた自身の成長を促すためにすることでもあります。

         

         

         

        なので

         

         

         

        人と比較をするよりも 1か月前の自分自身と比較して

        どう変化したのかを比べるのが一番です。

         

         

         

        理由は、人と比較をしても学力の違いや

        生活環境の違いがあるからです。

         

         

        なので

         

         

         

        人と比較をするのは無駄だといえるのです。

         

         

         

        さらに、勉強というのは忍耐力を鍛えるという意味でも

        社会的に役立っていると考えられます。

         

         

         

        なぜなら

         

         

        諦めるという癖がつくと人間は

        なかなか成長していかず現状維持をしようとするからです。

         

         

         

        現状維持は退化していくだけなので 常に

        人間として成長をしていく努力をした人が

        自分のやりたいことができるようになるんだと感じます。

         

         

         

        ただ、趣味や部活動などでトップになれないのに

        どうしてやるのかといえば 「楽しいから」

        「やっていて意味があるから」など理由は様々でしょう。

         

         

         

        勉強も同じで意味があります。

         

         

         

        でも、意味がないようなやり方をしていたり

        意味を認識できるチャンスがなかったりすると

        どうしても、強制を感じたり義務的に感じたりするものです。

         

         

        なので

         

         

        「なぜ勉強をする必要があるのか?」と

        悲観的に思ってしまうのかもしれません。

         

         

         

         

         

        あなたのお子様が「どうして勉強をしなくてはいけないの?」と

        このように質問をされたら、その時はその疑問に答えるチャンス到来です。

         

         

        これまで開設した視点から ぜひ

        あなたのお子様に話されてみてはいかがでしょう。

         

         

         

         

        | dioaf27 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) |